海外通販サイトのホワイトニングジェルに注意!

皆様 こんにちは:D

ホワイトニングサロンボーテ目黒デンタルオフィスでございます。暑さも和らぎ、だいぶ過ごしやすい季節になってきましたね🌾

さて、今回は前回のブログの続きのお話をしていきたいと思います✨✨

 

【前回のおさらい】

当院に来られたお客様から質問がありました。

『友達がホームホワイトニングをしたら痛いし歯茎がただれたのは何故か』の2つ目の原因についてです。

 

2つ目の原因は海外通販サイトで購入したホワイトニングジェルについてです。

多くの場合、海外通販サイトで売られているホワイトニングジェルは歯を白くするお薬の濃度が日本の歯科医院で売られているものと比べると高いことが多いです。というのも日本人の歯の質(アジア人の歯)と欧米人の歯の質が違うことが影響しています。

歯はおよそ3つの組織から出来ています。

1番内側に神経、その外側に象牙質、さらにその外側にエナメル質があります。

神経は歯に栄養を与える組織です。例えて言うと、木の根っこのような存在です。

象牙質は感覚を感じる部分でレンコンのような穴開き構造をしています。

エナメル質は私達の身体の中で1番硬い組織で、多くの刺激から歯を守っています。水晶と同じくらいの硬さです。

歯の1番外側にあるエナメル質の厚さが欧米人とアジア人では異なります。欧米人のエナメル質はアジア人のエナメル質よりも分厚いです。そのためホームホワイトニングのお薬の濃度が高くてもお薬の刺激を痛みとして感じにくいです。

しかしエナメル質の薄い日本人の私達はお薬の刺激を痛みとして感じてしまうことがあります。

 

そのため海外通販サイトで購入したホームホワイトニングのお薬は痛みなく安心して使えないことも多いです。

 

せっかく購入したホワイトニングジェルが痛くて使用出来ないととても残念てすよね💦

まずホームホワイトニングを始める時は、お薬の濃度が低いものから試す必要が必ずあります。そして使用してみて、痛みがでなく、歯に問題がなければ早く歯を白くすることが出来るお薬の濃度の高いものに替えていきます。

そういった正確な診査は歯科医院でしか行うことが難しいといえます。

当院ではホームホワイトニングに使用するホワイトニングジェルのお薬の濃度は低いものから高いものまで複数ご用意しております。

その方にあった1番良いお薬の濃度をアドバイスさせて頂き、痛みなく、早く歯を白くしていく方法についてお話させて頂いております。

是非一度ご相談下さいませ😊