お口のトレーニングで口呼吸を治そう!

お口のトレーニングで口呼吸を治そう!

こんにちは。歯科衛生士の植田です。

口呼吸ですか?と聞かれるとNOと答える方がいらっしゃいますが、日本人の8割は口呼吸だと言われています。

『お口ポカン』という言葉が流行り、今ではお口の疾患の3本柱=虫歯、歯周病、口腔機能低下といわれています。

口呼吸や姿勢の悪さ、また無意識にしているなにげない癖が歯並びに影響を与え、歯を失う事態も招きます。

矯正という手段もありますが、その癖を治し、鼻呼吸を意識し、体を鍛えて姿勢を正せば改善する例もあります。

口呼吸

口呼吸の原因

●アレルギー疾患の増加(花粉症、アレルギー性鼻炎)
●軟らかい食事(口の周りの筋肉が発達しない)
●言葉の変化(メールなどで会話をしなくても意思をつたえられる)
●口遊びの減少(口笛が吹けない人が多数)

他にも原因はありますが時代の変化と大きく関連があります。

姿勢の悪さ

体の重心が足指ではなくかかとにあると猫背になり、首が前にでます。すると気道が狭くなり息がしづらくなるので補うために口が開き、ベロの位置が下がります。本来ベロは上顎にありますから、ベロの筋肉も衰えます。

無意識にしている癖

●ほおづえ
●うつ伏せ寝、横向き寝
●爪噛み
●片噛み
●唇を巻き込む
何気なくしていることがお口に悪影響を与えています。

お口を鍛えるトレーニング

●風船を膨らます
●本を読み録音し、発音を意識
●ほっぺたを膨らます
●あいうべ体操
●ベロ回し体操(ベロを大きく回す)
簡単に出来ることはたくさんあります。
また、姿勢を整えるために足指に体の重心をかけることも意識すると、背筋が伸びてお口を閉じやすくなります。

まとめ

みなさんもちょっとした癖はありませんか?まずは気づくことが大切です。また鼻呼吸を意識すること、鼻呼吸を促すためのお口の筋肉のトレーニングはいつでも誰でもお金をかけずできます。
お口の健康は全身の健康につながります。やってみてくださいね✨

本当に歯を白くしたい方へ

「歯を白くするのにどれくらい期間・回数がかかるの?」「しみるのが不安」「早く白くしたい」などご不安はございませんか?

ホワイトニング専門歯科のプロフェッショナル集団Beauteがあなたの歯質を拝見し、正確な回数をお答えいたします。

無理な勧誘は一切おこなっておりません。
男性や年配の方でもお気軽にお越しください。