ボーテの新人育成、マネジメントで意識していること

皆さんこんにちは。歯科衛生士の井上です。

本日は新人育成、マネジメントで意識していることについてのお話です。

ボーテでも今年の4月から新人さんが4名入社してきてくれました。
臨床経験、年齢も様々です。

新人育成において、人によって学んできたことや考え方は様々なので、自分の正しさだけで伝えようとしても伝わりません。

以前の私はこれくらいのことはわかるだろうと思い、伝えることに満足していました。

伝わっていることを確認していないので、もちろん相手には伝わっていないこともあります。
そして、伝わっていないので、また同じミスが起こります。

前にも言ったのにな、、、覚えが悪いのかなと相手のせいにしていたこともありました。

でも、自分が逆の立場だったらどうだろうかと考えました。

言われてもわからへんねん!そっちが伝えるの下手やねん!と思うはずです(笑)

問題は伝える側に

問題は伝える側にありました。

伝わるような言葉で話しているか。
理解できたかどうか確認しているか。
なぜそうするのかまで伝えているか。

やり方も大事、あり方も大事ということを自分の背中で見せているか。

そこで、ボーテでは

一人一人に合わせたトレーニングスケジュールを作成し、先輩と一緒に進めていきます。
伝えたことと伝わったことを確認するため、トレーニング報告書を出してもらいます。
わからないことはないか、困っていることはないか、遠慮なく聞けるようにこちらも気にかけて声をかけるようにしています。

そうすることで、コミュニケーションの量が増え、少しずつミスも減るようになりました。

相手の覚えるペース、理解力、メンタルの強さ。

言葉で覚えるタイプ、見て覚えるタイプ、やりながら動作で覚えるタイプ、様々です。

私は見て覚えるタイプです。
例えば電化製品を説明書見なくても使えてしまうタイプです。

なので、何回も伝えているのにできない人を見ると、なんでできないんだろうと思ってしまいます。

ボーテに来てから、自分の考えが100%正しいわけではないし、相手の意見もある。
自分の正しさを押し付けてはいけないと学びました。

相手を責めても、批判しても、効果的ではないからです。

ではどうしたらいいのか。

どうしたらわかってもらえるだろうと試行錯誤しながら、写真に撮ってみたり、動画にしてみたり、文章にしてみたり色々試していきました。

伝わったかどうか確認を取ることも大切だと学び、実践しています。

伝えると伝わるの違い。奥が深いです。

まだまだ勉強中ですが、ボーテの基準を新人さんにもしっかりと伝えていくよう励んでおります。

ボーテの施術サービスの基準


ボーテはホワイトニングサロンが4店舗ございます。
どの店舗でも同じ施術・サービスがご利用いただけます。

ですので、店舗の差、ベテランと新人の技術の差がでないように統一しています。

お客様に満足していただける技術の基準は高く設定し、習得するまでのトレーニングを行い厳正なテストに合格したメンバーだけが施術を担当しています。

技術は上達しているか、定期的に施術技術のチェックを行っています。

今日もお客様に確かな技術と信頼できるサービスを提供し口元から健康と美しさをサポートするため各店舗でメンバーが頑張ってくれています。

ぜひホワイトニングに興味のある方は一度お越しください。
各店舗、コンセプトの異なるおもてなしの空間で皆様のご来店をお待ちしております。

最後までお読みいただきありがとうございました。

本当に歯を白くしたい方へ

「歯を白くするのにどれくらい期間・回数がかかるの?」「しみるのが不安」「早く白くしたい」などご不安はございませんか?

ホワイトニング専門歯科のプロフェッショナル集団Beauteがあなたの歯質を拝見し、正確な回数をお答えいたします。

無理な勧誘は一切おこなっておりません。
男性や年配の方でもお気軽にお越しください。