歯間ブラシの使い方と注意点

こんにちは。歯科衛生士の千竃です。

早速ですが、皆さんは歯科医院で歯磨き指導受けたことはありますか?

歯のお掃除をされたことがある方は少なからずその経験はあるのではないでしょうかσ(^_^;)
歯を磨く道具として、皆さんが必ず使う歯ブラシ以外にも道具がたくさんあることはご存知でしょうか?
その中で今回は“歯間ブラシ”についてお話しさせていただきます☆

歯と歯の間のお手入れの必要性って?

まずここですよね(笑)
歯ブラシで取れるでしょ?って皆さん思っていませんか?

実はほとんど取れないです。
こんなデータがあります。

歯垢の除去率

歯ブラシのみ・・・58%
歯ブラシ+デンタルフロス・・・86%
歯ブラシ+歯間ブラシ・・・95%

歯ブラシだけだと、ほぼ半分残っているのが分かります。
歯と歯の間は、歯ブラシの毛先が届きにくいため歯垢が残りやすい場所です。
そのため、むし歯や歯周病になりやすい!(>_<)歯ブラシだけではほぼ半分しか汚れが取れませんが、歯ブラシと併せてデンタルフロスや歯間ブラシの補助的清掃道具を使うと90%近くの歯垢を取ることができます。 効率よくお掃除するためにも、毎日のケアに歯と歯の間のお掃除も取り入れましょう。

歯間ブラシの種類

ナイロンタイプ(L字型)・・・歯垢の除去率が高い。様々なサイズがある。全体の歯に使用。(★)
ナイロンタイプ(ストレート型)・・・歯垢の除去率が高い。様々なサイズがある。主に前歯に使用。
ゴムタイプ(L字型)・・・初めての方にも使いやすい。全体の歯に使用。
ゴムタイプ(ストレート型)・・・初めての方にも使いやすい。主に前歯に使用。
※ちなみにボーテでは(★)を取り入れています。

歯間ブラシの使い方

①必ず鏡を見ながら使いましょう。
※歯間ブラシを鉛筆」を持つように持つと、操作しやすくなります。

②歯茎を傷つけないように、ゆっくりと挿入します。

③歯間ブラシを水平にして、歯面に沿わせて2~3回往復させてお掃除します。
※奥歯は内側と外側からの両方向から使うと効果的です。

④歯間ブラシを隣あった前後の歯の片方の面ごとに軽く当てお掃除します。

⑤歯間ブラシの使用後は流水でよく汚れを落とし、風通しの良いところで保管します。
※歯間ブラシの毛が乱れてボサボサになってきたら取り替えましょう。

オススメポイント

さらにジェル状のハミガキも使用するとお掃除の効率がさらに高くなります。
ボーテでは効率よくお掃除していただくため、ナチュラルボーテオーガニックトゥースジェル(01)を歯間ブラシに付けてお掃除することを推奨しています。01はただのハミガキジェルとしてだけではなく、ジェルの付着した部分の汚れを浮き上がらせ、より汚れを落としてくれる効果があります。

歯間ブラシを使う際の注意点

・無理には入れ込まない
歯と歯の隙間が狭く、挿入しにくい場合は無理に入れないようにしてください。歯や歯茎を傷つけてしまったり、ワイヤーの曲がりや折れの原因になったりします。

歯と歯の隙間に合ったサイズを選びましょう。
歯と歯の間にスッと抵抗なく挿入でき、動かすときに「きついな」と感じない程度の大きさを選びましょう。
初めて使用する場合、小さいサイズから試しましょう。小さいサイズでも入らない場合はデンタルフロスでお掃除しましょう。

・歯によって隙間の広さが異なる場合、数種類の歯間ブラシを使いましょう。

・歯茎に炎症のある場合は、軽い刺激でも出血しやすくなっています。
歯垢を取り除くことで歯茎の炎症は改善されます。

・歯茎の炎症が改善すると歯茎が引き締まり、出血もなくなりますが隙間が広くなる場合があります。

・歯並びがそろっていない場所は念入りに
特に歯並びがそろっていない場所は、歯ブラシの毛先が届きにくく汚れが取れていないことも多いので、念入りにお掃除しましょう。

これで歯間ブラシの知識はバッチリですね(^^)v
まずは歯科医師、歯科衛生士に相談を。
皆さんがいつまでも健康な口元でいられるよう、歯科衛生士としてサポートさせていただきます☆☆

本当に歯を白くしたい方へ

「歯を白くするのにどれくらい期間・回数がかかるの?」「しみるのが不安」「早く白くしたい」などご不安はございませんか?

ホワイトニング専門歯科のプロフェッショナル集団Beauteがあなたの歯質を拝見し、正確な回数をお答えいたします。

無理な勧誘は一切おこなっておりません。
男性や年配の方でもお気軽にお越しください。