後輩を育成する立場として(歯科衛生士)

皆さんこんにちは。

歯科衛生士の井上です。

先日私は誕生日を迎えました。

ボーテに来てからは毎年メンバーみんなでお祝いしてもらっています。

初めての時はサプライズでびっくり、嬉しい気持ちでした。
2年目からは、そろそろくるだろうな、と勘繰ってしまう性格で1回目以上の驚きは無くなりました。
自分がお祝いしてもらう側からお祝いする側になってから、どうしたら喜んでもらえるか、バレないように水面下で準備をするか、そっちを考えるようになりました。

そして代表の辻には毎年食事に連れて行ってもらっています。
いつも私の食べたいものを聞いてくれます。
欲しいものは何かも聞いてくれてプレゼントしてくれます。
本当にこれって当たり前じゃないなと思います。

今私は月の半分はサロンにおり、もう半分は研修講師として出張しています。
私でも忙しくて時間がないと思うことも多く、時間管理のスキルを磨いているところですが、代表の辻の場合私よりはるかに忙しい訳で、そんな中毎年必ず時間を取ってくれます。
上司にとってメンバーとの時間が大事で優先順位を守ってくれている、という安心感と感謝。

私も後輩を育成する立場として、その優先順位は守ろうと決めています。
メンバーが何を求めているのか、メンバーの自己実現のために私には何ができるか、会社としてサポートできることはないか、
仕事のこと、プライベートのこと、悩みも夢も打ち明けてもらえる先輩でありたい。
なので私もメンバーの誕生日、メンバーのお祝い事には必ずご飯に行くと決めて実践しています。

先日も誕生日のメンバーと、先月セラピストデビューした新人さんと、婚約したメンバーとそれぞれ食事に行きました。
普段サロンで会うことも少なくなってきたけれど、いつでも応援していること、力になりたいこと、伝えました。

ボーテはインサイドアウト。
自分、身近な家族、メンバーを大切にする会社。
幹部としてその思いは常に意識しています。
私はただ上司の背中を見て真似しています。
自分が後輩の見本になるように。

日々小さいことでモヤモヤ、イライラすること、もちろんあります。
それは成長している印。
だからこそ改善していこうと知恵が出るし良い方へと進んで行くと思います。
メンバーが自らの強みに気づき、自身の役割に生きる人生に出会えるよう、会社で取り組んで行きます。
メンバーを大切に思う気持ち、当たり前じゃないと感謝する気持ち、そしてそれを相手にきちんと伝えることの大切さをいつも忘れずにいたいです。

ありがとうございました。

本当に歯を白くしたい方へ

「歯を白くするのにどれくらい期間・回数がかかるの?」「しみるのが不安」「早く白くしたい」などご不安はございませんか?

ホワイトニング専門歯科のプロフェッショナル集団Beauteがあなたの歯質を拝見し、正確な回数をお答えいたします。

無理な勧誘は一切おこなっておりません。
男性や年配の方でもお気軽にお越しください。