熊本での素敵な出会い

皆さまこんにちは、ボーテの辻です。
今回は9月にパートナーの佐藤とともに熊本に行ってきました。
目的は熊本にある、株式会社愛歯の社長である高橋社長と奥様にお会いすること。

ボーテは創業した2014年からホワイトニングの会社であるルマクールの馬場さんお世話になっており、愛歯さんはその馬場さんが役員をされている会社でもあります。
その馬場さんから常々、高橋社長にボーテのお二人もお会いしてみたらいいよとすすめていただいていました。

馬場さん自体も創業してから5年間、季節ごとにサロンのスタッフにお菓子を送ってくださったりいつも心遣いをしてボーテを応援してくれるあたたかいお方で、その馬場さんがおっしゃるならというのもあり今回熊本に伺いました。

熊本に着いて佐藤は初の熊本ということで、駅でくまもんと写真を撮ってそのまま会社に移動。

会社に入った瞬間から感動で、
『歯科医療は愛の仕事である。痛める人にはいたわりと慰めを、ともに働く人にはねぎらいと感謝を』
という言葉が掲げてありました。
愛歯さんはこのように明確に理念とヴィジョンを記されている会社で、働いている技工士さんもいきいきとされていました。

社長にお会いし創業から41年間の歴史を聞かせていただくと、もともとご実家が社長だったとか技工士の会社をしていたわけではなく一歯科技工士としてクリニックの中で働いておられたそうです。
その中で歯科技工士の労働形態や位置づけなどにいろんな思いを抱き会社を立ち上げると決められて、41年間奥様と二人三脚で1からやってこられました。

感動したお話の一つに、会社を立ち上げて間もないお金のない頃に奥様の実家に行くと奥様のお父さんがいつも大量に野菜や色々なものを用意してくれていて親のありがたみを感じた、というエピソードがありそれがすごく心に刺さりました。

お金がない時でも月に1回は美味しいものを食べに行こうと夫婦で決めていて、どんなに喧嘩をしていてもこの日は休戦しようと仲直りをしたというお話を聞き経営も家庭も大切にしながら歩んでこられたのを感じました。

私も佐藤も創業時のボーテを立ち上げた時の思いだったり、お金がなく銀行で怪訝な対応をされた時やお客様が来なかった時のことを思い出して改めてこうやって今メンバーがいること、サロンでメンバーが頑張ってくれていること、こうやってパートナーの佐藤と一緒にできていること、支えてくれる家族がいることに本当に感謝だなと思いました。

最終的にボーテさんはどこを目指しているの?と社長に訊ねられた時、自分ははっきりと答えられなかったのでそこはもっとボーテとしてのヴィジョンを明確にしていくことが必要だと自分の課題も見つけることができました。

そして夜は楽しもうということで熊本の郷土料理をいただき、ざっくばらんに色々な話をしながら熊本で改めて経営者としての在り方やメンバーへの思い、業界への貢献だったりが心巡りました。

愛歯さんとも深いつながりができ、お話を聞かせてくださった高橋社長と奥様、繋いでくださった馬場さんに改めて感謝。
そして来年の3月に熊本で愛歯さんとボーテでコラボしてセミナーを開くことも決まり、今回伺ったことは私の中で本当に実りのある時間になりました。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

ボーテ 辻 紗耶加

にほんブログ村 美容ブログ 審美・ホワイトニングへ