いもうとの誕生日


皆さま、こんにちは。歯科医師の村田です。
今回は娘の誕生日の話をしたいと思います。

5月中旬に、次女が4歳の誕生日を迎えました。まだまだ幼い娘は、月初めの幼稚園でのお祝いが終わった時点で なぜか4歳になったと思い込んでおり、誕生日当日 娘に4歳になったHappy感が全くなかったことには少し拍子抜けでした。

誕生日 数日前に、長女が私に言ってきました。

「お誕生日のケーキは私が作る!!」

―へぇ…

「じゃあ好きなものを作ってあげてね。」

私は、5歳の子が一体何を作るのか楽しみでした。
長女は嬉しそうにカレンダーの妹の誕生日に何やら書き書き・・・。

「けえき」

誕生日の朝、長女は私に

「ホットケーキ作るから。クリームも塗って、果物もいっぱいね。いちごは大っきいのね。」

そう言うと元気に幼稚園へ行きました。

帰宅した娘は、真っ先に子供部屋へ。出てくるとキッチンにいる私に絵本を渡しました。

『しろくまちゃんのホットケーキ』
S__4300802

「これ見てやる。」と、娘。

この本には途中、ホットケーキの焼ける様がおいしそうに描かれていて、娘が大好きでよく読んでいた本でした。

「じゃあ作るから、ママ教えてね。大きいケーキにして、果物を間に入れて上にものせたいねん。」

私は今日はアシスタント役です。

「卵1コに牛乳150ccと粉1袋だって。」

順に説明していくと、

「ccって何?」「ダマって何?」

「うーん、ccっていうのは単位で…。とりあえず牛乳をこの計量カップに150まで入れてね。」

「…けいりょうって何?」

料理の世界には難しい言葉がいっぱいです。

何とか生地を混ぜ終えると娘のワクワクタイム、「焼き」です。

絵本を前に置きながら、お玉でフライパンに1すくい。

娘は絵本とフライパンをにらめっこ。

娘「いま!ひっくり返して!」私「フライ返しは?」娘「何それ?」

騒いでる私たちの横で、妹はニコニコ。部屋の中はおいしそうなにおいでいっぱい。

どうにか2枚焼いて、生クリームをその上に絞ると…

ドロ~~~

溶けてしまいました。

娘の頭には“?”がいっぱい。「なんで??」

料理の世界には不思議もいっぱいです。

いちごは半分くらい娘達の胃袋におさまりましたが、それでも何とか盛り付けし完成しました。

長女の5歳の作品は、意外にもちゃんとケ-キになっていました。

S__4300803

家族「「4歳おめでとう!!」」

妹「ねぇねのお誕生日にはケ-キ作ってあげるからね」

下は上の子を見て育つんだなぁ。と改めて感じたのでした。

Dr.村田


大阪心斎橋ホワイトニングサロンbeaute
TEL:06-6121-4138
11:00-21:00(第2・4木曜定休)
大阪市中央区東心斎橋1丁目17番19号
Soie心斎橋2F
→アクセスはこちら
WEB予約はこちらから