ホームホワイトニングのマウスピースのトレー形状について


ホームホワイトニングをする際、必ずマウスピース(カスタムトレー)を使いますが、その形状について注意を払っている方は少ないのではないでしょうか。

ホワイトニングに慣れていない歯科医院では、マウスピース(カスタムトレー)を適当に作っているところもあります・・。

しかし、実際はジェルが的確に漏れないように歯の表面に滞留させるようにするのがマウスピースの役目であり、その点に注意してカスタムトレーを作成しなければなりません。

今回は、ホワイトニング専門サロンの歯科医師が、ホームホワイトニングのマウスピースの形状について説明します。

マウスピース(カスタムトレー)の種類

ホームホワイトニングのマウスピースの形には、大きく分けて3種類あります。

1)オーバーハングタイプ

小帯を避け、付着歯肉内にトレーのマージンをまっすぐ設定してカットする方法です。

過酸化尿素の低濃度タイプはOKだが、過酸化水素や高濃度のジェルはNGです。
(歯肉の白濁化を起こしてしまいます。)

製作に手間がかからないが、装着時の違和感が大きいというデメリットがあります。
    
ジェルが歯肉まで漏れやすいというリスクもあります。

2)オーバーハングスキャロップタイプ

トレーの唇側マージンを歯頸部から約2mm-5mmオーバーさせ、歯頸部の形に合わせてカットする方法です。

舌側は歯頸部でカットします。

ジェルが歯肉にもれにくく、装着時の違和感も少ないというメリットがあります。

3)マージナルスキャロップタイプ

トレーのマージンを歯頸部上でカットする方法です。

違和感が最も少ないが、ジェルがマージン部に届きにくい欠点があります。

ホワイトニング専門クリニックではマウスピースの使い分けをしています

ホワイトニングに慣れていない歯科医院では、マウスピースは1種類しか扱っていないのが通常です。

しかし、ホワイトニング専門のクリニックでは、同じお客様でも状況に合わせて随時マウスピースを作り替え、形状を変更していきます。

薬剤の濃度の変化によってもマウスピースを変更するなど、しっかりこだわって作成しています。

ホームホワイトニングといえど、しっかり見極める目を持つ歯科医院を選ばれることをおすすめします。

→大阪心斎橋のBeauteは、全国の歯科医院にホワイトニングを教えるハイレベルなホワイトニングサロンです


大阪心斎橋ホワイトニングサロンbeaute
TEL:06-6121-4138
11:00-21:00(第2・4木曜定休)
大阪市中央区東心斎橋1丁目17番19号
Soie心斎橋2F
→アクセスはこちら
WEB予約はこちらから