TIONティオンホワイトニングの効果と副作用について


TIONホワイトニングをご存知でしょうか。

TIONホワイトニングとは、2010年に歯科材料会社大手のGC社が開発した、国内向けオフィスホワイトニング&ホームホワイトニングシステムです。

厚生労働省の認可済で、国内向けホワイトニングとして一定の人気を誇っています。
今回はTIONホワイトニングについてご紹介します。

TIONホワイトニングの仕組みと効果

TIONにはオフィスとホームタイプがあります。
オフィスホワイトニングは、LEDライトを使用しており、漂白剤触媒に二酸化チタンと窒素が使われています。

触媒に二酸化チタンと窒素が使われているのが大きな特徴で、少ない漂白濃度で効率的に化学反応を起こさせ、効果は高いけれども知覚過敏を抑えることに成功しています。

以前はZOOMホワイトニングやブライトホワイトなどの高濃度薬剤を使うオフィスホワイトニングが主流だったのですが、TIONホワイトニングが登場してから効果が高く知覚過敏が少ないことで、TIONに変える歯科医院が増えてきました。

1回の漂白効果はシェードガイドでいうと4段階〜6段階くらい白くなります。
漂白濃度は22.5%のものが使われています。これはTION専用のジェルで、歯科ディーラーから定価で直接購入しなければなりません。(海外通販などで安く購入することは一切できません。値引きもありません)

そのため、TIONホワイトニングの価格は必然的に高くなっています。1回3万〜5万程度が相場です。

TIONホワイトニングの副作用 痛みは本当にでないのか?

知覚過敏が抑えられ、痛みがでにくいと標榜されているTIONホワイトニングですが、本当に副作用の痛みがでないのでしょうか?

実は、以前何度も(Beauteではありませんが)ホワイトニング専門歯科医院でTIONを行ってきましたが、2回目の照射くらいから知覚過敏の痛み・しみを訴えるお客様が多く出現していました。

ZOOMホワイトニングやブライトスマイルも行っていたのですが、それらと比べると、若干「知覚過敏を訴えるお客様」が減ったものの、激減するレベルにはありませんでした。

特に、若い女性では知覚過敏を訴えるお客様が多くおられました。

ホワイトクールに変えてから、知覚過敏が激減

そこで、TIONホワイトニングではなく、ホワイトクールホワイトニングシステムに変えたところ、知覚過敏が劇的に減少しました。

現在では、ホワイトクールホワイトニングで知覚過敏を訴えられるお客様は、10人に一人もいらっしゃいません。

何より、ホワイトクールはコストが安く、お客様にとっても気軽に受けていただける価格設定になっています。


大阪心斎橋ホワイトニングサロンbeaute
TEL:06-6121-4138
11:00-21:00(第2・4木曜定休)
大阪市中央区東心斎橋1丁目17番19号
Soie心斎橋2F
→アクセスはこちら
WEB予約はこちらから