テープ式ホワイトニングシートの副作用


ホワイトニングシートをご存知でしょうか。

日本では発売されていませんが、アメリカなど海外では、歯を白くすることが一般の方でも常識になっており、ドラッグストアやスーパーなどで普通に一般の方がホワイトニング剤を購入することができます。

*日本では、薬事法の関連で、漂白効果のあるホワイトニング剤や歯磨き剤は、歯科医師の処方でしか取り扱うことができません。「歯が白くなる」と謳っている日本の歯磨き粉は、実は誇大広告であり、生まれ持った歯の色以上に白くする効果はありませんのでご注意下さい。

アメリカでは、クレストなどに代表されるテープ式のホワイトニングシートがよく売れています。

今回は、テープ式ホワイトニングシートの効果と副作用について歯科医師がご説明します。

テープ式ホワイトニングシートの効果

テープ式ホワイトニングシートは、薄い透明のプラスチックシートの片側に漂白剤がコーティングされています。
これを歯の大きさに合わせてカットし、ペタっとテープを歯にあてて一定時間はっているだけで、ホワイトニング効果が得られます。

その後、テープをはがして捨て、歯磨きをして終了です。
これを毎日〜2、3日に1回続ける事で、自宅で簡単に歯を白くしていくことができます。

テープ式に塗られている漂白剤は、本物の過酸化物(漂白剤)が塗られていますので、確実に白くしていくことができます。しかし、歯科医院で行うオフィスホワイトニングや歯科医院からもらうホームホワイトニングに比べると、その濃度は低いのです。

ですので、どうしてもテープ式ホワイトニングシートの効果は弱くなります。
「お手軽に歯を少し白くしてみたい!」という方には向きますが、本格的に「真っ白な歯になりたい!」という方には向きませんのでご注意下さい。

テープ式ホワイトニングシートの副作用に注意

テープ式ホワイトニングシートには本当の過酸化物が塗られていますので、副作用として続けると知覚過敏や痛みが発生することがあります。

海外製品は、日本よりも規制が緩いことと、日本人は外人よりも歯が薄いことから、日本人が使うと知覚過敏が起きやすくなっているのです。

また、時々歯に虫歯がある方や、表面のクラック(ひび割れ)がある方が使用すると、神経にダメージを与えて神経を抜かないといけなくなるケースもあります。

テープ式ホワイトニングシートを使う際は、海外製品なので完全に自己責任になります。
「何が起こっても、自分の責任なので仕方がない」という方のみ使用するようにしてください。

そうでない場合は、やはり歯科医院で歯をチェックしてもらってから、安全に使用できるホームホワイトニングを処方してもらったほうがよいでしょう。

→大阪心斎橋のホワイトニングサロンBeauteはこちら


大阪心斎橋ホワイトニングサロンbeaute
TEL:06-6121-4138
11:00-21:00(第2・4木曜定休)
大阪市中央区東心斎橋1丁目17番19号
Soie心斎橋2F
→アクセスはこちら
WEB予約はこちらから