エナメル質形成不全症でホワイトニングは可能?

エナメル質形成不全症をご存知でしょうか?

歯の形成過程で何らかの原因があったために、歯を構成するエナメル質が正常に形成されない病気です。

今回は、エナメル質形成不全症でホワイトニングができるのかどうか、ホワイトニング専門の歯科医師がご説明します。

エナメル質形成不全症とは?

エナメル質形成不全症とは、歯の形成過程で栄養不足・薬剤の服用・その他の原因などで正常にエナメル質がつくられなかったことによる病気です。

症状としては、歯がもろくなってかけやすかったり、虫歯になりやすかったり、歯の黄ばみが強かったりします。

エナメル質形成不全症には形成不全の度合いによって症状の強さは大きく異なります。

軽度の場合はほとんど見た目も気にならない程度で、虫歯になりやすいといったリスクも少ないです。
しかし、重度の場合は(口の全体に及び、深さも深い場合)、見た目もはっきりとわかるようになっています。

エナメル質形成不全症でホワイトニングはできる?

軽度のエナメル質形成不全症では、歯の表面の一部が白濁しているように見られます。

この場合、ホワイトニングを行うと白濁がより目立ってしまうことがありますが、一過性のものであり、時間がたつと目立ちにくくなります。

一方、重度のエナメル質形成不全症で黄ばみが強い場合は、ホワイトニングで改善することが非常に難しくなります。

この場合は、オールセラミッククラウンやラミネートベニアなどのセラミック治療を行うことによって、美しく見た目を改善する事ができます。