ホワイトスポットの治療とホワイトニング


ホワイトスポットをご存知でしょうか。

ホワイトスポットとは、歯の表面にある白い白濁が目立っているものをいい、エナメル質形成不全症の一つともいわれています。

今回はホワイトスポットの治療とホワイトニングについて歯科医師がご説明します。

ホワイトスポットの原因と治療

ホワイトスポットの原因は、歯の表面のエナメル質の形成過程で、カルシウムバランスなどが乱れ、ハイドロキシアパタイトの結晶構造が乱れているためと考えられています。

例えば、フッ化物の過剰摂取による斑状歯があげられます。(自然界で過剰に含まれていた地域・・宝塚などで数十年前に飲料水を飲んでいた方や、水道水にフッ素添加されている海外などです。日本の歯磨き粉やフッ素塗布程度では斑状歯になりません。)

また、虫歯による初期脱灰段階でも白濁がみられます。

これにより、歯の表面で白い白濁(白班)がみられるのですが、白濁の程度は歯の表層にとどまっているものから、エナメル質のかなり深くまで及んでいるものまで、深さや大きさに違いがあります。

ホワイトスポットの治療としては、以下のものがあります。

ホワイトスポットの治療

1)エナメルマイクロアブレージョン

斑状歯によるホワイトスポットの治療として、海外で行なわれている方法です。
トウースエナメルマイクロアブレージョンテクニックなのでTEAMA テクニックと呼称することが多いです。

まず塩酸を使って歯を溶かし、脱灰のようなホワイトスポットを歯面全体に作り、すりガラスのような表面にします。
そして、ティースポリッシングにより、歯の表層の低石灰化部分(白濁部分)を薄く削ぎ落としていく方法です。

これはホワイトスポットの範囲が浅い場合に限られます。自費治療になります。

エナメルマイクロアブレージョンを行っている歯科医院は、日本国内でほとんどありません。

心斎橋のホワイトニングサロンBeauteでは、ホワイトスポットへのエナメルマイクロアブレージョンを行なっています。

→詳しくはこちら

2)ダイレクトボンディング

ホワイトスポットの範囲が少し深くなった場合、歯を削ってコンポジットレジンをつめる方法が行われます。
保険は適応されず、自費治療になりますので、歯科医院により値段は異なります。

虫歯による脱灰でホワイトスポット様になった場合、多くの歯科医院では削るほどではないため「経過観察」の場合が多いです。

虫歯が進み、範囲や深さが深くなってはっきりと穴が空いた「虫歯」になってきた場合は、保険治療が適応されます。

3)アイコン

ホワイトスポットが深いが歯を削るのが嫌な場合、特殊な薬剤をしみ込ませて白濁を改善するアイコンという治療法があります。
しかし、アイコンを取り扱っている歯科医院が全国でも非常に少ないため、お近くにあるかどうかは探してみないとわかりません。自費治療になります。

ホワイトスポットがあってホワイトニングをしたい場合

ホワイトスポットの白濁が薄い場合は、わざとその周りだけをホワイトニングすることで、白濁を目立たなくさせることができます。

逆に、ホワイトスポットがある状態でそのままホワイトニングをすると、ホワイトスポットがかえって目立つ場合もあります。(時間がたつと目立たなくなります)

ホワイトスポットの上記3つの治療は、「やや目立たなくなるかな?」という程度です。
逆に違う部分が気になってくる(第3者からみたら気にならないが、本人が気になってしまう)こともあります。

うまくいけばラッキーくらいの認識でおいたほうがよいでしょう。
完璧な美しさ、白さを求める場合は、セラミック治療をされるほうがよい場合も多くあります。

そのため、自費治療ですが患者さんの高い満足度が得られる可能性が少ないため、全国でもホワイトスポット治療を取り扱っている歯科医院は非常に少ないです。

いずれにせよ、ホワイトスポットがある方は経験豊富な審美歯科やホワイトニングサロンにご相談されることをおすすめします。

→大阪心斎橋の完全個室ホワイトニングサロンBeauteはこちら


大阪心斎橋ホワイトニングサロンbeaute
TEL:06-6121-4138
11:00-21:00(第2・4木曜定休)
大阪市中央区東心斎橋1丁目17番19号
Soie心斎橋2F
→アクセスはこちら
WEB予約はこちらから