前歯に虫歯があってホワイトニングする場合


前歯に虫歯がある方は結構いらっしゃるかと思います。

大人になると、歯の表面よりも歯と歯の間の虫歯ができやすくなります。
それは、歯ブラシでは磨いているけれども、フロスで歯と歯の間を磨く習慣がない方が多いからです。

さらに、ジュースや砂糖たっぷりの缶コーヒー、スタバのコーヒーなどを飲んでいると、溶け出した砂糖がべったりと歯の間にたまり、気がつかないうちに虫歯が進行していきます。

今回は、前歯に虫歯がある場合にホワイトニングするにはどうしたらよいかについて、歯科医師がご説明します。

前歯の虫歯治療とは

ほとんどの場合、前歯の虫歯治療ではコンポジットレジンというプラスチックの詰め物が使われます。
それ以外のケースは、虫歯の進行が激しく神経まで到達していて、差し歯にしないといけないような場合です。

差し歯にしてしまうと、完全にホワイトニングする意味がなくなってしまいますが(人工物にはホワイトニングの効果がないため)、部分的につめるコンポジットレジン治療の場合は、ホワイトニングする意味があります。

前歯の虫歯治療と並行してホワイトニングしたい場合

前歯の虫歯治療でプラスチックをつめる場合、プラスチック自体にはホワイトニングの効果がありません。

このため、虫歯治療をするけれどもホワイトニングもしたい場合は、先にホワイトニングするケースがほとんどです。

まず最初にお口全体のホワイトニングを行ってから、歯を白くしていきます。
そのあと、白くなった周りの歯の色にあわせて、プラスチックの詰め物の色を決めていきます。

これを逆の順番にすると、プラスチックの詰め物と周りのホワイトニングした歯との色の差がでてしまい、かえって目立ってしまうことがあるからです。

また、ホワイトニングした歯の色に合わせるため、プラスチックの色も白い色を用意する必要があります。これをブリーチシェードと呼びますが、ブリーチシェードを用意している歯科医院は非常に少ないです。

ですので、万が一ホワイトニングと合わせて前歯の虫歯治療も行いたい場合は、ホワイトニングの経験が豊富な審美歯科を選ばれるとよいでしょう。


大阪心斎橋ホワイトニングサロンbeaute
TEL:06-6121-4138
11:00-21:00(第2・4木曜定休)
大阪市中央区東心斎橋1丁目17番19号
Soie心斎橋2F
→アクセスはこちら
WEB予約はこちらから