マウスピース矯正(アライナー矯正)の実際

院長の中井です。

マウスピース矯正は「見えない矯正」として、今とても人気です。

今回はマウスピース矯正についてご紹介します。

マウスピース矯正の始まり

マウスピース矯正の始まりは、保定装置(矯正治療後の後戻り防止装置)として使われていたのが最初です。

1993年頃 Dr.SherindanがEi-Sixとして製作したのが始まりと言われています。

その後、1997年にInvisalign(アラインテクノロジー社)が米国で、本格的に矯正治療装置としてスタートしました。
現在では、かなりのメーカーが参画しています。

アライナー矯正ともいいます。

マウスピース矯正のメーカー

その中で代表的なものは、 Clear Aligner(和田精密)Aso Aligner(アソインターナショナル)
Invisalighn(アラインテクノロジジャパン)の3社が突出していると思われます。

どのメーカーも大切なポイントは使用する側の歯科医師がしっかり診断できることが重要です。

またブラケット矯正でも難しい症例では、私はとてもアライナー矯正では無理だと考えています。
本来であれば、しっかりと矯正専門の歯科医院に行って話を聞かれるのが一番かと思います。

安易に「見えないから」とご自身の思い込みでしっかり診断のできない歯科医院に行かれてしまうと、大きな間違いが起こる可能性があると思います。

なので私の場合は、とても失礼ですが、アライナー矯正ができないと判断した場合は「無理です」とお答えします。

アライナー矯正は、ブラケット矯正などの本格矯正ではなく、「プチ矯正」とお考えいただき、前歯を今より少しきれいに並んで欲しいとお考えの人にはとてもいい矯正方法かと思います。

現在ボーテでも月数十人の方が来られ、アライナー矯正をされています。

またボーテはホワイトニング専門サロンなので、アライナー矯正をやりながらホワイトニングもできます。
勿論オフィスホワイトニングもホームホワイトニングもどちらも可能です。

お気軽にご相談下さい。