ホワイトニングでA2→B1に白くなるのはどれくらいかかる?


こんにちは、大阪心斎橋のホワイトニングサロンBeauteです。

歯の白さの段階には、シェードガイドと呼ばれる歯の明るさの指標があるのですが、A2,A3,B1・・などとアルファベットの記号で表します。

今回はホワイトニングでA2→B1に白くなれるのかについて歯科医師がご説明します。

歯の明るさを示すシェードガイドとは?

一般的に、歯の白さを見極めるために、ホワイトニングサロンや審美歯科ではシェードガイドを使用しています。

シェードガイドは歯の明るさ順に並んでおり、順番にB1,A1,D2,A2,C1,C2・・と並んでいます。

特に、B1より白いブリーチシェードとよばれる色もあり、W1,W2,W3などと呼ばれています。

よく歯をみて「白くなった!」と感じる色は、B1から上の色です。

そして、周りの人から「白くなったね!」と褒められる白さはW1,W2,W3などの色です。

日本人に多い色はA3で、これはかなり黄ばみのある色になります。
歯の保険治療をしてかぶせる色の一般的な色がA2で、もともとちょっと白いかなという人でもA2くらいまでしか白くないです。

これらのA2くらいの人がB1にホワイトニングでできるかというと、もちろん可能です。

A2→B1にどれくらいで白くなれるの?

A2→B1くらいに白くなろうとすると、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングを組み合わせることがおすすめです。

オフィスホワイトニングだけでA2→B1になろうとすると、かなり回数がかかってしまいますし、1回で一気に白くしようとするとそれだけ薬剤濃度が高くならざるを得ないため、歯に負担がかかり痛めてしまいます。
また、後戻りもしやすくなってしまいます。

歯の安全のためには、低濃度の薬剤でオフィスホワイトニングを行うことと、自宅でホームホワイトニングを組み合わせることが最も効果的で透明感のある白さになり、後戻りもしにくくなります。

ホームホワイトニング単独で白くしようとすると、かなり時間がかかってしまいますが、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせることで、短期間で効果的にA2→B1に白くすることができるのです。

個人差はかなりありますが、一般的には2〜3ヶ月くらいでしょうか。

歯の質や食習慣によっても異なりますので、ご興味のある方は一度ご相談くださいね。
(無料カウンセリングを行っております。)

→大阪心斎橋のホワイトニングサロンBeauteはこちら


大阪心斎橋ホワイトニングサロンbeaute
TEL:06-6121-4138
11:00-21:00(第2・4木曜定休)
大阪市中央区東心斎橋1丁目17番19号
Soie心斎橋2F
→アクセスはこちら
WEB予約はこちらから