2017年を振り返って

皆さま、こんにちは、ボーテの辻です。

2017年、皆様はどのような一年でしたか、
仕事、プライベート、健康、色んな出来事があった一年だったと思います。

私の2017年は、振り返ると一言、
経営者としての「あり方」を試された1年でした。

とにかくメンバー一人一人に感謝の一年、
みんなのおかげで成長させてもらえました。

パートナーの佐藤とともに創業して3年、
創業からボーテを支えてくれているメンバーは、今も一緒に働いてくれています。

創業が2014年1月15日、サロン開業が同年の10月14日でした。

当初は外部研修も月に3、4回で、私も月のうちほとんどはクリニックでお客様対応させて
もらっていました。

メンバーとも顔を合わせることが多く、必然的に活発なコミュニケーションが取れていたと思います。
毎月1日はクリニックをお休みして、様々な業種の方をお招きして「挑戦」することの大切さや、
「人間関係」が良くなるための秘訣など、ミーティング時に学びの時間をとっていました。

それもこれも全て、ボーテの大切な仲間がさらに幸せになるために
それが一番でした。

2年、3年が経ち、メンバーも5名から16名に増えて、店舗も神戸に出し、
そして実績とともに研修も増えてくるようになりました。
それとともにミーティングも3ヶ月に1回に。

私や佐藤は、月に20回は研修に行くようになり、クリニックにいる日は1日もないのが
今の現状です。

「辻がいるのはレアですよ〜」

いる日はそんな風に冗談交じりでいじってくれるメンバーですが、
今思えば、きっと居てほしい不安な日も、こんな日は思いっきり褒めてほしい日も
あっただろうと思います。

「クリニックを任せていきたい」という思いで意図してこのような体制にしています。

そんな中で、昨年は私も良かれと思って伝えた言葉が
相手を傷つけてしまったり、不安にさせてしまう状況になってしまったことが
ありました。

その中での気づきが、ものすごく自分を成長させてくれたと思います。

自分が思う相手にとってのベストと、
相手が思う自分にとってのベストは違うのだということ。

「自分が源」に立った時には、立場は関係なく
素直に「ごめんんさい」が言える大切さ。

今ある状況が当たり前じゃないこと、
私がブレそうになった時にも、支えてくれて励ましてくれるメンバーが常に
近くにいる恵まれた環境。

本当に一人じゃないな、ありがたいなと思い返した時に
もう一度、原点に戻ろうと決めました。

相手との関係が思ったようにいかない時は
相手の求めているものが何かがわかって居ないからだと恩師に教えてもらいました。

今年はメンバー一人一人ともっともっと関わろうと決めて、

★毎月私と佐藤交互で面談の時間を確保
★休みの日に院内研修の充実化
★2ヶ月に1回のミーティングも学術と心のバランスが取れる内容
★クリニック営業時間を1時間早く終わる

自分一人で全てはやりきれないので、幹部メンバーの力を借りて
みんなでいい組織を作っていこうと心に決めました。

「やりがい」も「安心感」も得られる
結婚して、子供ができても働きやすい組織づくりが、今後のテーマです。

2018年もボーテ、足元固めて一枚岩で頑張っていきます。

「大切な人を大切に」

今年もよろしくお願いします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ボーテ 辻