沖縄でシュノーケリングとSUPボード

こんにちは。ボーテの佐藤です。前回の続きになりますが、夏休み家族旅行について書かせていただきます

沖縄2日目。
今回の旅行では子供達の一番のミッションのシュノーケリングがしたい!という希望から
沖縄に詳しい友人に聞いたところ、シュノーケリングするなら水納島もオススメだよ!と情報をいただいたので日帰りで水納島へ。水納島は沖縄本島本部(もとぶ)の沖に浮かぶ、島の住人が約40人の珊瑚礁に囲まれた小さな島。今でも手付かずの自然が残っています
島への交通手段は渡久地港から定期船に乗ってわずか15分ほどで行くことができます。
朝1番の便に乗船していざ水納島へ。。2日目も天気に恵まれ、船から眺める海もとっても綺麗。

子供達もワクワクが止まらない様子でずっとニヤニヤしています笑

15分ほど船に揺られ、港についてまず白い砂浜、青くて透明な海にびっくり!そして感動!
美しいビーチは小さいお子さん連れも安心して遊ぶことができる穏やかなビーチで、海に入るとすぐに魚もたくさん見ることができます

砂浜で見つけたヤドカリさん可愛かったです

水納島は遮るものが一切なく日差しがものすごく強くて日焼け止めを塗りましたが、結局焼けちゃいました

集落の道沿いにあるパーラーで食べたかき氷
暑い中食べるかき氷は沖縄だけにもちろんシークワーサー
とても美味しかったです。

子供達が一番楽しみにしていたシュノーケリング
この日は私も子供達ととことん遊ぶ!と決めていたので
手がふやけるほど海に入り、色々な魚たちと戯れ、満喫しました

夕方までビーチを満喫、心地よい疲れを感じながら水納島を後にしました。
水納島、とても大好きなまた訪れたい場所になりました

沖縄3日目、そして最終日

前日の水納島での疲れはどこに行ったん?というぐらい朝から元気な子供達。

今回の滞在しているホテルは沖縄でも北にある名護という場所にあります
ホテルで散策の後、翌日帰阪のため那覇市への移動のためホテルを後にして
まずは美ら海水族館へ。。大きなジンベイザメに感動して、可愛い魚たちに癒され、名護のパイナップルランドに立ち寄り那覇市へ

お昼は、友人の友達が経営されている嘉手納近くにあるがんじゅうファームで合流して友人と一緒にバーベキュー。
がんじゅうファームは沖縄でも地元の人しか訪れない渡具知ビーチにあります

景色も綺麗で遠浅が続くビーチ。

写真の奥の沖合では、ジンベイザメを飼育していて、その飼育を見るツアーもあるとか。。美ら海のジンベイザメが万が一亡くなった時の代わりに沖合で飼育されているそうです。知らなかった!

ビーチではお友達のご好意でサップボードを体験させていただきました。

サップボードはサーフボードよりも少し大きめの板の上に立って、パドルを漕ぎながら海の上を散歩することができる水上のアクティビティ。
見ているととっても楽しそう!

今回私は体験していませんが、楽しんでいる息子を見て、次回はチャレンジしたいと思います。
そしてバーベキューでは沖縄でも貴重な紅豚を食べることができました。とっても柔らかくてジューシー♡とても美味しかったです。
残念ながら紅豚は沖縄でしか販売されていませんが、ネットで購入できるのでおすすめです。

素敵なバーベキュー仲間と一緒に記念写真。沖縄のおもてなしに感動いっぱいの楽しい時間でした。
そしてお決まりの国際通りでお土産を見たり、近くを散策したり。夜は3人で最後の夜のディナーを食べながら旅行の思い出話しを語り合いました。

それぞれが感じた今回の旅行。
普段こんなに一緒にいる時間がないので、家族旅行は私にとっても子供達にとっても幸せ時間でした。
シングルマザーになって5年、色々苦労をかけてきたこともありますが、これからは子供達がずっと笑顔で楽しく過ごせるように支えていきたいと思います