歯周病菌を減らすための食ベ物とは?


こんにちは、大阪のホワイトニングサロンBeaute心斎橋デンタルクリニックです。

日本人成人の8割以上がすでに歯周病菌に感染しているということをご存知ですか?

歯周病は虫歯とは違って、ほとんど症状がなく、痛みを感じないまま慢性的に隠れて進行していく病気です。

今回は、歯周病菌を減らす食べ物についてご紹介します。

歯周病のメカニズムとは?

歯周病は、歯周病菌が歯茎に感染することから始まります。
歯と歯茎の間に溝があるのですが、歯垢がべったり歯についていると歯垢の中の歯周病菌が溝の中に深く住み着いていき、炎症物質を出します。

この溝の中の歯周病菌に反応して、体中の白血球やリンパ球達が集まってきて、歯周病菌をやっつけようとサイトカインという化学物質を出します。ここから歯周病菌と白血球達の戦いが始まります。

戦いの途中で炎症物質がさらに放出され、それらのサイトカインや炎症物質、細菌の毒素などが歯茎を腫らし、歯を支えている骨を徐々に溶かしていきます。歯茎は破壊され、溝がさらに深くなって「歯周ポケット」を形成します。

歯周病菌を減らす食べ物とは?

歯周病を予防するには、まず最初の歯垢を除去すること=歯磨きを隅々まで行うことが必要です。

ただしそれだけでは不十分です。
さらに、歯周病菌が増殖しにくいような口の中の環境=食べ物に気をつけることが大切です。

歯周病菌を減らす食べ物とは、ズバリ「これを食べたら治る!」というものはありません。
しかし、歯周病菌が増える食べ物はズバリ「糖質」です。特に、「砂糖」が歯周病菌が最も好む食べ物ですので、控えることをおすすめします。


大阪心斎橋ホワイトニングサロンbeaute
TEL:06-6121-4138
11:00-21:00(第2・4木曜定休)
大阪市中央区東心斎橋1丁目17番19号
Soie心斎橋2F
→アクセスはこちら
WEB予約はこちらから