見えない矯正装置の費用相場はどれくらい?


最近は子供だけでなく大人でも矯正治療をされる方が多くなってきましたよね。

費用の面から子供時代に親が矯正治療代を出してくれなかった方達が、大人になり自分で働くようになって矯正治療を開始される方が多いようです。

子供時代の矯正治療では、ワイヤーやブラケットをつけていても「ああ、矯正治療をしているのか」と周りの子供達に思われるだけでOKなのですが、大人の矯正治療の場合はそうもいきません。

働いている職種によっては、営業職、モデル、アナウンサーなど見た目に影響する職場の方々もおられます。このため、見えない矯正装置を希望される方が多くいらっしゃいます。

今回は、歯科医師が見えない矯正装置の費用相場についてご紹介します。

通常のワイヤー矯正とブラケット装置の費用

通常のワイヤー矯正とブラケット装置を使った場合(フルマウス矯正治療)の費用相場は、およそ70万〜120万程度といわれています。

もちろん、矯正治療は自費治療になりますので、歯科医院によって差はありますが。
また、毎回の矯正装置調整代(数千円〜1万円程度)を請求する歯科医院もあります。

見えない矯正装置1 透明のブラケット装置の費用

見えない矯正装置で一番有名なのは、金属のブラケットが透明のプラスチックでできている装置です。
特に前歯につけることで矯正しているとわかりにくくなります。

透明のブラケット装置は20年以上の歴史があり、装置の精度も確立されていますので、透明ブラケットに変えたからといって矯正治療の精度が低くなるということはありません。

費用の相場は歯科医院によって異なりますが、全く金属ブラケットの値段と変わらないところから、プラス5万〜20万くらいのところまで様々です。

見えない矯正装置2 リンガル矯正

見えない矯正装置の2番目には、リンガル矯正という治療法があります。
これは、歯の表面ではなく裏側にブラケット装置とワイヤーをつけて歯を動かしていく方法です。

歯の表面からは全く見えないため、矯正をしていることに全く気づかれません。
しかし、リンガル矯正ができる矯正専門医が少ないことと、テクニックが難しいことから、リンガル矯正を全ての歯科医院で受けられるわけではありません。

さらに、「見えない矯正をしたい♪」と意気込んでリンガル矯正治療を申し込んだものの、いざブラケットをつけると舌にブラケットがあたり、痛かったり、違和感がとても強かったりするので、「私は耐えられません!」とリンガル矯正をやめて普通の矯正治療に変更する方も多くおられます。

リンガル矯正は本当に違和感が強いので、アナウンサーや芸能人、モデルなど本当に必要にかられて行わなければならない方や、意思の固い方でないとおすすめしません。

リンガル矯正の費用相場は通常の矯正より高く、フルマウス矯正で150万〜200万以上します。

見えない矯正装置3 アライナー矯正

見えない矯正装置3は、マウスピースを使って行うアライナー矯正です。
これは透明のマウスピースを日中夜つけているだけで、ブラケットやワイヤーは全く使いません。

透明なので、はたから見ても矯正していることに気がつかれません。
また、自分で取り外しできる装置なので食事時や必要時は取り外すことができます。
(ただし、つけていた時間が長い方が、矯正治療が進みます)

これはとても簡単で、型取りするだけでマウスピースが作れることと、ワイヤーなどによる違和感も全くないので「違和感があるのはいやだけど、見た目が悪いのも嫌」という方におすすめできる方法です。

費用相場はアライナー装置上下で1つ数万〜10万程度です。
他の矯正治療よりもかなり安いのも魅力です。

大阪心斎橋のアライナー矯正ができるBeauteデンタルクリニックはこちら


大阪心斎橋ホワイトニングサロンbeaute
TEL:06-6121-4138
11:00-21:00(第2・4木曜定休)
大阪市中央区東心斎橋1丁目17番19号
Soie心斎橋2F
→アクセスはこちら
WEB予約はこちらから