何回通えばホワイトニングで歯が白くなりますか?

こんにちは、大阪のホワイトニングサロンBeaute心斎橋デンタルクリニックです。

ホワイトニングに関する質問の中で、「何回通えばホワイトニングで歯が白くなりますか?」というご質問をされることが結構あります。

今回は、何回通えばご希望の白さに歯が白くなるのかについて、歯科医師がご説明します。

歯が白くなるメカニズム

歯が白くなるメカニズムには、主に2通りがあります。

1つは歯の表面のエナメル質がマスキング効果で「すりガラス」のように白くなる効果です。
これは即効性があり、オフィスホワイトニングを受けるとすぐ白くなったと感じられるのですが、このマスキング効果によるものが大きいです。

2つめは、歯の内部の象牙質の色が白くなっていく機序です。

日本人の歯は黄ばみがある方が多いのですが、これは歯の内部にある象牙質が黄ばんでいることがからおきます。歯の外側のエナメル質は乳白色で透明感があるのですが、加齢によりエナメル質がこすれ薄くなっていくと、内部の象牙質の黄ばみの色が目立ってきます。

これにより、歯の黄ばみが強くなっていくのです。

ホワイトニングでは、これらの歯の黄ばみを内部から白くしていくことが最も大切になります。

何回通えば歯が白くなるのか?

多くの方が気にされる「何回通えば歯が白くなるのか?」についてですが、残念ながら個人差が大きいため一概にはいえません。

年齢を重ねて黄ばみが強い方ほど、歯の内部の黄ばみが強いのでホワイトニングを何回か行う必要があります。

一方、若い方ほど白くなりやすいので、比較的少ない回数で歯が白くなっていきます。

少なくとも、1回で歯がハリウッドスターのように白くなることはあり得ません。