デジタルネイティブ世代の学び方?


こんにちは。Dr.慈恵です。

3歳7ヶ月の娘はイヤイヤ期を過ぎて大魔王期真っ最中。ますます元気な毎日です・・・。

さて、娘はスマホを操るデジタルネイティブ世代ですが、最近のアプリやタブレットの進化には本当に驚かされます。

数年前にはなかった便利育児グッズ。今回は「学び」に関して見つけた、デジタル世界をご紹介してみます。

絵本の自動読み上げアプリ

%e7%b5%b5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e8%aa%ad%e3%81%bf%e8%81%9e%e3%81%8b%e3%81%9b%e7%84%a1%e6%96%99%e3%80%8c%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%81%bb%e3%82%93%e3%80%8d%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e5%b9%bc%e5%85%90

無料で何百冊もの絵本を自動で読み上げ、読み聞かせをしてくれるアプリがあります。それも何社からも。

イラストはフルカラーで、すべて書き下ろしの可愛いイラストつき。
桃太郎や赤ずきんちゃんなどの定番ものから、ジャックと豆の木、かさじぞうまでなんでもござれ。

とりあえず親が「読ませたい」と思う本は全て揃っていますし、親が知らない人気絵本も揃っています。

親が読み聞かせにすら疲れた時は、これを。(与えすぎには注意)

英語の多読ならラズキッズ

tool1b

英語の多読をさせたいなら、オンラインの絵本多読サイト ラズキッズまたはEpic!を。
何百ー何千もの絵本がオンラインで読めるので、昔のように英語絵本を手にいれるために高額な費用を投じる必要がありません。

ラズキッズのほうなら、自動的に読み上げながら、その部分が黄色で強調されるのでリーディングの練習がやりやすいです。

子供の音声を登録し、再生する機能もあるので、暗唱練習にも最適です。

AAからZまでレベル分けされており、Zはおそらく普通の日本人なら「ギブアップ」するレベルです。
外国の小学生でも、日本の高校生よりはるかに高いレベルの文章を読みます。

カーンアカデミー

khanacademy

カーンアカデミー

海外でボランティア精神で発案された、無料で算数・数学の全てのジャンルが学べるオンライン学習動画サイトです。
英語のサイトですが、日本語翻訳されたものもあります。

これを見れば、教科書や学校の授業はもはや必要ありません。

このサイトが凄いのは、「今まで教育の機会を与えられてこなかった子達が学べるように」という意図で作られている点です。だから永久に無料なのだそうです。

youtube塾動画

maxresdefault

youtube塾動画
日本語でも、たくさんの学習解説動画がyoutubeにアップされています。

例えば、くり上がりの筆算だったり、分数の割り算だったり。細かな単元ごとに動画が作られています。

それらをくまなく調べるのは面倒なのですが、最近はyoutube学習動画のまとめサイトまでできています。

フラッシュカード作成アプリ

screen696x696

漢字や英単語を覚えたいときは、自由に作れるフラッシュカード作成アプリで。

イラストや単語をほぼ無制限で作成でき、スタートするとフラッシュされていきます。

スピード調整や枚数追加などは有料機能を購入する必要がありますが、普段使う分には無料で全く申し分ありません。

スタディサプリ

maxresdefault

スタディサプリ

リクルートの勉強サプリがリニューアルされ、スタディサプリになりました。

小学講座から大学受験講座まで揃っています。紙ベースの通信教育が、今やタブレット端末になっています。

月額980円ですべての教科を学び放題。塾にいくより格安です。

これからはプログラミング必須?

スマホとタブレットの普及で、ここ数年で飛躍的に状況が変化しています。
学校での紙ベースの授業、塾に頼った偏差値教育システムはもはや時代遅れ。

小学校へのプログラミング教育導入決定により、Techacademyなど民間教室が飛躍的に数を伸ばしています。
とはいえ、本当にプログラミング力を伸ばすには、保護者の理解力と本人の興味が関係ありそうです。

中学受験→大学受験という数十年前の幻想を持ちつづけるのではなく、基礎学習は自宅でやり、学校では学校でしかできないことをやらせてあげたいですね。


大阪心斎橋ホワイトニングサロンbeaute
TEL:06-6121-4138
11:00-21:00(第2・4木曜定休)
大阪市中央区東心斎橋1丁目17番19号
Soie心斎橋2F
→アクセスはこちら
WEB予約はこちらから