妊娠・授乳中にホワイトニングは可能?


妊娠・授乳中だけど歯を白くしたいと思っている方が少なからずおられるかもしれません。

しかし、基本的には妊娠・授乳中は歯のホワイトニングを受けることはできません。

今回は、妊娠・授乳中になぜホワイトニングができないのかについて歯科医師がご説明します。

妊娠・授乳中にホワイトニングができない理由

妊娠中、授乳中はお薬の服用や歯医者の麻酔など、できるだけ控えるように母親教室や雑誌などで目にすることがあるかと思います。

特に、妊娠初期の頃は胎児を臓器や中枢器官など大事な部分を作っている時期にあたるので、極力外部からの薬や刺激を与えない方がよいとされています。

また、安定期に入ってからも、万が一何かあっては困るので、母体の安全が危うくなる場合以外は、薬や麻酔などを控えるほうがよいとされています。

母体の安全が危うくなる場合というのは、例えば重度の虫歯や親知らずの痛みがひどい場合など、母体の健康が優先される場合です。こういった場合は、母体の不健康自体が胎児に悪影響を及ぼす可能性があるので、母体の治療が優先されます。(レントゲン撮影も行うことがあります)

しかし、ホワイトニングなどの特に急用でない美容目的の場合は、妊娠・授乳中にあえて行う必要はないので、安全が確立される授乳終了後に行うことを推奨されています。

ホワイトニングの薬剤が直接胎児に悪影響を及ぼすとか、母体に危険があるといったことは全くないのですが、長時間椅子に座ったり、いつもとは違う刺激が妊娠中の体に負担をかける場合があるからです。

こういった事情がありますので、ホワイトニングを希望される妊婦さんは授乳を終えられてから申し込まれてくださいね。

→大阪で大人気のホワイトニングサロン Beauteはこちら


大阪心斎橋ホワイトニングサロンbeaute
TEL:06-6121-4138
11:00-21:00(第2・4木曜定休)
大阪市中央区東心斎橋1丁目17番19号
Soie心斎橋2F
→アクセスはこちら
WEB予約はこちらから