お兄ちゃん頑張れ〜


こんにちは、DH阪井です。
私には、小5の息子と、小3の娘がいます。我が家では、お兄ちゃんの事を、「にいに」と呼びます。

つい先日の事。息子は「お兄ちゃんは、もうイヤヤ!ほんまに辛い!」と言っていました。(笑)

なぜなら、娘はいつもお兄ちゃんに、わがままばかり言うからです。自分のものは、自分のもの、お兄ちゃんのものも、自分のもの。と言う感じで、何でも取られています。(我が家のジャイアンです。)

しかも、娘が物を無くしても、私は知らない!だってそれはお兄ちゃんのものだから、私は関係ない!の一点張り。それを攻めれば、娘は大泣き手がつけられない程の状態になり、お兄ちゃんは、もういいよ!俺が全部悪いんやろ!と投げ出し、泣き寝入り。ほんとにお兄ちゃんは大変そうです。

先日お兄ちゃんが怒り爆発!

もう愛奈なんかいらん!私も、にいになんかいらん!と二人で怒鳴りあい、罵り合っていました。

娘にはいつも言います。
にいにのお陰で、愛奈はいつも寂しい思いをしなくていいんじゃないの?→そう…。

大変な時、誰が助けてくれるの?→にいに…。

あれは、誰のお菓子?→にいに…。

あれは、誰のおもちゃ?→にいに…。

全部にいにのだね~。(私)

にいにの気持ち少し考えてあげてほしいな~。にいには優しいから、何でも聞いて、最後は許してくれてるけど、きっと傷ついてるよ。(私)

なんてやりとりを、繰り返しています。

KIMG3904

Effectplus_20160802_085938

そんなお兄ちゃんを見ていると、本当に可哀想になる時があります。

なるべく私は介入しない様にしていますが、見かねた時は、1人ずつ話を聞きます。

どっちが悪いと言うような話ではなく、兎に角話を聞くのみです。

どちらの肩も持つ事はせず、どうしたかったのか、どうして欲しいのかを聞き、

交渉の仕方を話し合います。お互い冷静になり、今後起こりうるトラブルのシミュレーションまで

しています。そこまでしていても、思う様にいかないのが現状ですが、

そんな積み重ねが、お友達との間で実践できる様になっていたりしている様です。

兄妹の中では、なかなか難しい様ですが・・・。(笑)

写真

そんな中の夏休み。

2人の時間が増えました。毎日ケンカばかりかも・・・。

と思いきや、毎日何とか、助け合いながらやってるみたいです。

お互い嫌い!!っとか言いあいながら、夜、2人で寄り添いながら寝ている2人。(笑)

テレビを見る時も、2人でひっついて見ていたり。(笑)

いつまでも兄妹2人、仲良く、助け合いながら、それぞれの道を歩んで欲しいと願うばかりです。

DH阪井


大阪心斎橋ホワイトニングサロンbeaute
TEL:06-6121-4138
11:00-21:00(第2・4木曜定休)
大阪市中央区東心斎橋1丁目17番19号
Soie心斎橋2F
→アクセスはこちら
WEB予約はこちらから