有馬玩具博物館で子供が1日遊べる!

こんにちは。歯科医師の村田です。
新年になり、気持ちも新たに精進して参ります。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様は年末年始、いかがお過ごしでしたか?
我が家は 有馬に足を運びました。
有馬といえば温泉。大人な街のイメージが強いですが、子供も楽しめる施設があるのです。

『有馬玩具博物館』

場所は 有馬の中心地でしょうか。有名な金泉の湯の前にあります。6階建て。
1フロアーはそんなに広くはありませんが、収蔵するおもちゃは約4000点!だ、そうです。

1階には、ワークショップブースと世界各地から厳選されたおもちゃが売られているミュージアムショップがあります。インテリアとして置いておけるような可愛いものも沢山あります。

ここは無料で入れるので、時間のない時でも立ち寄れます(^^♪
順路は上から下へ。
上から下へとクルクル降りる螺旋階段は、非日常への扉と次への期待が高まります。

6階・・・『ドイツの伝統的なおもちゃ』

木の温もりが優しい、思わず触りたくなるようなおもちゃたちです。

5階・・・『現代のおもちゃ、プレイスペース』

現代のおもちゃと言っても、いわゆる流行のものとかではありません。ヨーロッパを中心としたおもちゃたちです。
5階についたとたん、子供たちは一目散にプレイスペースへ。あっと言う間にいなくなりました。おもちゃで遊ぶのは子供たちの方が上手。

館の方から、スイス・ネフ社の不思議な形の積み木の遊び方の説明もあり、その奥深さに、大人達は拍手喝采!積むだけかと思いきや…

へぇー‼
の連続でした。

ここには、カードゲームやおもちゃ開発者の本などもあり、日がな一日ずっと過ごせそうな場所でした。
カードゲームやボードゲームはそれぞれ可愛らしい絵も楽しめます。大人は大人で、子供は子供で過ごせました。

4階・・・『現代のからくり・オートタマ』

ボタンを押すと人形が釣りをしたり、ラインダンスをしたり…。イギリスからのものが主でしょうか。
案の定、子供たちは全てのボタンを押しに走ります。
日本の昔のお茶くみ人形などもありました。

また、近年では からくりおもちゃを広めようと、子供達でも紙で作れるキットなどもありました。(←キットは1階のショップでも買えます。)
ボタンを押すとどんな動きをするのか、どんな仕掛けがされているのか・・・。期待が膨らむフロアーでした。

3階・・・『ブリキのおもちゃと鉄道模型』

鉄道模型は ドイツ メルクリン社のもの。(と言っても、私にはそれの価値がわかりませんが、、、。)
細かい仕事のジオラマは職人技!

ちょうど鉄道模型の運航の時間と重なり、スタッフの方のアナウンスと共に見学。
1/87のジオラマは、ドイツ・バーデンガーデンの駅を発車します。ノイシュバンシュタイン城の麓を通ったり、トンネルを抜けて行きます。

2階は食堂で、本当に一日たっぷりと遊べます。
もしかしたら大人の方が先にgive upしちゃうかも。

入館料は 大人800円、子供500円、3歳未満は無料。

我が家では かなりコスパの良い施設でした。ぜひおススメです(^_-)-☆

村田

関連記事