夜の須磨水族館へ

夜の水族館

こんにちは🐶DH久野です。

少し前の話になりますが、ゴールデンウィークに須磨水族館に行ってきました。

須磨水族館は神戸市須磨区の須磨海浜公園内にある水族館で、愛称はスマスイ🐟らしいです。

今年で開園60周年!神戸の方なら行ったことがない人はいないのではないでしょうか😊

私は須磨水族館ははじめて!しかも夜の水族館もはじめてです🌙

色々なお魚たち、ペンギン、ラッコ、カメ、イルカ、くらげ、アザラシなどたくさんの生き物達を見ることができました。


特に水族館では大きい生物、サメは迫力があってわくわくしますね🦈
サメの歯は何回も抜けては生え変わるというのは有名な話ですね😁
一度抜けたら生えてこない人間からすると羨ましい限り…

って事で昼とは違う雰囲気で水族館を楽しむことができました😊

イルカショーは見逃してしまいましたが😫
ゴールデンウィーク企画?でやっていた「さかなライブ劇場」
生きるために最も重要な食べる(捕食行動)をテーマになかなか見ることができない少し変わった食べ方をする魚が食べている姿を実演してくれるショーです🍴

私が見たのはカンディル🐟とイリエワニ🐊

カンディルとはナマズの仲間でアマゾン川など南アメリカの熱帯地域に生息する肉食の淡水魚。銀色の10センチ程度の小魚。見た目はふつーのちっちゃい何の変哲もないお魚です。

しかしこの魚!自身より大きな魚のエラなどから細い体を潜り込ませて体の内側を捕食したり生きた魚や死んだ魚の体表を食い破り肉を食すというもの😱

他の魚が排出したアンモニアに反応するらしく人間も襲うことがあり、肛門、膀胱、尿道、膣に潜り込み、内臓を食べるため殺人魚として現地の人にはピラニア以上に恐れられているのだとか…
書きながらきもちわるくなってきました…気分悪くなった人すみません💦

という変わった魚が餌を食べる姿を水族館のお兄さんが実演して見せてくれました。

感想は…うわぁーって感じで、小さい子供達がたくさんいたのですが子供達には少し刺激が強かったかな😅?
でも色々な生物がいるという事で勉強になりますね👍
後から調べたらこのカンディルの歯、何か凄かったです。興味がある方は調べて見てください✨

そしてイリエワニ🐊
カンディルが衝撃的すぎて印象が薄いのですが笑

イリエワニは成長すると5m以上になり地上最強のワニと言われています。

須磨水族館では2.3mのワニを1頭飼育しています。名前はジュリアちゃん✨
時に人をも襲う大型の捕食者で飼育する側に注意が必要となる一種のワニの名前がジュリアちゃん笑
名付けた人ナイスですね💕

上から馬肉がぶら下がろうとした瞬間凄いジャンプして食べちゃって説明してたお兄さんもアタフタしてました😂

イリエワニは太りやすいらしく自然界では欲しい時にいつでも食べられる訳ではない生活の為1日のエサの摂取量は少なくて大丈夫なのだとか。

人間も海の生き物たちも(種類によりますが)食べるために歯って凄く大事ですね!
自然界の動物達は特に歯を悪くすると死んじゃうらしいです。

みなさん歯は大切に!定期的に検診とクリーニングを受けましょう🐰

と無理やり歯にむすびつけた所で終わりにします。
お読み下さりありがとうございました🐶💓

DH久野

関連記事