魂を拓く、使命書アーティスト純子堂さん

おはようございます。
鬼軍曹の井上です。

先日は母の誕生日がありました。
お祝いをしようと実家に帰りました。

毎年必ずメールや直接お祝いのメッセージを伝え、その時母が欲しいものや喜んでくれるものかなぁというものを選んで送っていました。

そろそろ祝いの品のバリエーションも尽きてきて、どうしようと思っていた時に素敵な方と出会いました。
私は朝会に参加していて、沢山の異業種の方との交流があるのですが、その繋がりで出会いました。

純子堂さんです。
魂を拓く、使命書アーティストさんです。


初めてお会いした時は書道家さんって固そう!とか、実際よくわかんない⁈と思っていましたが、知っていくうちに、その魅力が少しずつ分かるようになりました。

そして今回、「そうだ!純子堂さんに書いてもらおう!」と思いオーダーしました😊
少し日が近かったのですが、期日までに納品してくださいました。

納品の際、初めて作品を見て、なぜか涙が出てきました。
そして作品に対する思いを聞いて、いろんな思いが出てきました。

今までたくさん心配をかけていたなぁとか、今もたくさんの愛情をかけてくれているなぁとか、母の顔が浮かんできました。
書かれていたメッセージは私の思いを乗せて、母に届けてくれる、そう思いました。

喜んでくれるかな。どきどき。

なんか今更照れくさくて、ちゃんと話せなかったけど、「ありがとう、飾っとくわ」と言ってくれました。

いつも当たり前のようにそばにいて見守ってくれている優しさに、今離れて暮らしてそのありがたみをひしひしと感じています。
当たり前の事ってないなぁと改めて思います。

だからこそ、今ある事に感謝する心を持ち続けていきたいです。
そして、言葉にして伝える、行動に移して伝えることが大事だなと思います。

皆さんは皆さんの周りの大切な人に、普段思っていても伝えていないことありませんか?
何の記念日でなくても、伝えたいと思った時に、思い切って伝えてみてはいかがでしょうか。
相手はもちろん、きっと相手以上に自分が満たされると思いますよ^ ^

ボーテではいつもスタッフの誕生日はみんなでお祝いしています。
いくつになってもお祝いは嬉しいものです😊


する方もされる方も幸せな気持ちになります。
これからも大切な人を大切に思う気持ちを大切にしたいと思います!!
ボーテのお客様にもその想いが届きますように。

最後までお読みいただきありがとうございます。