GWに宮島旅行に行ってきました!

皆さまこんにちは。歯科医師の村田です。

GW、どちらかにお出かけになられた方も多いのではないでしょうか?

私は家族で宮島に行ってまいりました(。◕‿◕。) 

宮島は通称で、厳島が正式だそう。広島県にあり、日本三景の一つ。厳島神社の海中に建つ大鳥居は有名です。

私たちはまず、宮島口港~宮島港間をフェリーで渡りました。下船すると、GWにもかかわらず、修学旅行生がたくさん!!

私が想像していたより島は大きく、観光客を乗せたフェリーが どんどん船着場に接岸しますが、そこまで人いきれに紛れることもなく 散策することができました。

お出迎えしてくれたのは、鹿。

神鹿なのは奈良公園と一緒ですね。子供たちはおっかないながらも、人懐こい鹿様に触れられて大喜びヽ(´▽`)/。

でも、普通に街中を闊歩する姿は子供心にも不思議らしく、

「なんで鹿がいるん?」

普段 言うことを(は?)聞かない子ども達に、親たちはここぞとばかりに、

「神様のおつかいやから、悪い事してたら見られてるで~~~」

『!!!』

急に静かになりました( ´艸`)

この日はお天気もよく、空と海に映える朱の大鳥居と海中に建つお社は 静かに心を打つような…。

とにかく美しかったです。

その後ロープウエイに乗り、弥山を目指すことにしました。ロープウエイからの景色はかなりの絶景!!

無計画な私たちは、ロープウェイの終点が頂上と思っていたのですが…。

弥山の展望台は終点から歩いて30分!と書いてありました。

私の足元は…革靴…。

まぁ、イケルやろ!とのことで、大人だけで頂上を目指すことに。

弥山原始林は天然記念物・特別保護区・世界遺産になっています。

意気込んで出発したのは良いものの、帰ってくる人々 一様に肩で息をついています。

一抹の不安。

出だしは登山道をどんどん下って行きます。

―展望台は見上げる位置にあったのに…。

更なる不安!

10分程するとやっと登り道。なかなかの登山道。

中間地点あたりに弥山の本堂があります。その向かいには“消えずの火”で有名な霊火堂。

ここには、弘法大師が修法を行った際の霊火が 1200年間消えずに 燃え続けていると言われる火があります。その火の上には大きな茶釜があり、お茶を自由に飲むことができました。万病に効果があるとされているそうですヽ(*´∀`)ノ

ここはなかなか興味深いところで、不思議とまた来たいと思えるお堂でした。

一息ついたら また出発です。

三鬼堂・文殊堂などなどを経、木々の間から見える瀬戸内の景色を堪能しながら、ようやく展望台へ。

―― 360° 絶景でした。

ホイップクリームのような島があったり、広島の市街が見えたり。抜けるような空と 広がる海の境に 浮かぶ島々。

自分が自然に組み込まれるような感覚。
日々を忘れられました。

バタバタと駆け足で回った宮島。

厳島神社はもちろん、その他の神社仏閣、表参道商店街、自然も魅力的で、またゆっくりと訪れたいです。牡蠣・アナゴ・もみじ饅頭・日本酒...食も外しません!

因みに、レポートとして。革靴での登山はなかなかヘビーで、足の裏が痛すぎて3日間苦しむという結果でした。

登山に、革靴は 厳・禁!!ヽ(;▽;)ノ

村田

関連記事