マツコ会議に心斎橋カフェボーテが出演するまで

こんにちは。歯科衛生士の松村紀恵です。

昨年11月、当医院から徒歩1分のところにあるカフェボーテがマツコ会議に出演しました。

カフェボーテは、ホワイトニングサロンBeauteが「噛んで美味しく、キレイになる健康カフェ」をコンセプトにオープンした、歯科衛生士が作ったカフェです。

カフェボーテがオープンして2か月あまり、まだまだ皆で試行錯誤しながら毎日が必死の2時ごろ、一本の電話がありました。

「日本テレビですが、マツコ・デラックスさんをご存知でしょうか?」と言う内容でした。
「そちらは、歯科衛生士さんが経営されているCaféですか?」

もちろんそうなので、色々と話を聞いていくと、取材をしたいという依頼でした。

なんだかわかりませんでしたが、「チャンス❣」と閃き、直ぐにオーナーに連絡。

「凄い!やろ、やろ」とノリノリのお返事を頂きました。
そこから、デイレクターさんとのやり取りがはじまりました。

何だか楽しくなってきました。
オープンして間もなく、自分たちの導線もぎこちない状態の中、話はドンドン決まっていきます。
何だかテレビ局の方は、近所の衛生士さんがカフェに沢山集まって来ると思っての撮影を期待している様子でした。

ボーテカフェーのコンセプトは、「噛んで美味しく、キレイになる健康カフェ」

オーナーは、社食としてスタッフがゆっくり休んで、栄養管理ができて健康でいてほしいと願いがこもっているカフェ。

私は歯科衛生士として、今まで訪問で食べられない人、食べられなくなっていく人を見てきました。
そんな思いから、食の大切さを伝えていきたい。ここから、衛生士としての歯科の現場だけではない、もっとやれることを広げていきたいと思って引き受けたカフェ。

現状近くの衛生士さんが、昼休みに利用することは少ないですが、これをきっかけに、広めることができました。

色んな衛生士さんに声をかけて、お話しして頂いたり、お店に来てもらったり、当日撮影が始まるまではデイレクターさんとのやり取りや、お店の見せ方など、とてもいい機会になりました。
お店の成長になりました。

皆な緊張の中で、撮影が始まりました。

緊張感の中に、ワクワク感、素晴らしい衛生士さんの集まり、収録の流れなど今まで体験したことのない、素晴らしい空間のひと時でした。

凄い衛生士さんがいるんだと、私がなったころの狭い世界から凄く広がりができていることに、歴史を感じ改めて素敵な職業をしていることに感謝することができました。

オンエアされて、テレビを見てみると、流石に上手に放映されていて、何回もの打ち合わせや、準備。
カフェボーテを、選んで頂けた事、時間を作って集まってくださった皆さんに、感謝の気持ちでいっぱいです。

それがあったお陰様で、サロンの人気も上がり、カフェボーテにも、遠くから来て下さるお客様も増えてきています。

ありがとうございます。
一人一人のお客様を大切に、日々全力で関わっていきます。

にほんブログ村 美容ブログ 審美・ホワイトニングへ