ボーテの研修:歯科衛生士が、自分の仕事に自信を持ってもらいたい

ボーテの井上です。

今日は研修のお話。
私はホワイトニングサロンボーテの店舗で、お客様にホワイトニング・クリーニングの施術を提供しています。
それとは別に全国の歯科医院様にお伺いし、このボーテのホワイトニングのシステム導入のお手伝いとして研修を行っています。

歯科材料のメーカー様から各種ホワイトニング薬剤が販売されていますが、なかなか白くならない、患者様に満足した結果を出せていない、なので自信を持って提供できないといった現場の悩みがあります。

ボーテのホワイトニングシステムは、歯を白くする薬剤を使用していますし、歯を強くする・しみるのを防ぐ薬剤の入ったものを使用しているので、安心して受けていただけます。
また、施術自体の心地良さを追求しているので、白くなるのはもちろんのこと、気持ち良かったと思っていただけるよう努めております。

研修先に伺いますと、様々な医院さまがあります。

幸いにも、ご縁をいただいた研修先の医院様はどこも院長先生、スタッフさんの団結力が強く、やる気に満ち溢れています。

それもやはり元を辿れば、患者様にいいものを提供したい!という気持ちではないでしょうか。

私はそこにプラスして、患者様に満足していただくホワイトニングを提供する歯科衛生士が、自分の仕事に自信を持ってもらいたいという思いがあります。

ホワイトニングはカウンセリングから施術、アフターフォロー、メンテナンスまで全て歯科衛生士が行います。
その過程で、患者様との信頼関係を築き、お口に対する意識を上げ、一生自分の歯を大事にしていくお手伝いをする。
これ以上のやりがいはないと思っています。

いつも思うのは、チームっていいなということです。

院長先生、歯科衛生士さん、歯科助手さん、受付さん、トリートメントコーディネーターさん、歯科技工士さんなどクリニックには色んな役割の様々な業種がいて、それぞれがお互いを尊重し、理解し、信頼している。
みんながプロフェッショナルな仕事をやりきる関係。
素敵だなと思います。

研修の中では、先生のスタッフに対する想いを受け取り、衛生士の先生に対する想いを受け取めます。
お互いを想い合う関係に触れ、いつも感動しています。

日本全国の歯科医院がこんなチームばっかりになったら、どうなるだろうか。

きっと、衛生士の離職率も下がって、衛生士になりたいという人も増えて、歯科医院がもっと笑顔で溢れて、痛くなくても通いたくなる人が増えるだろうな(*^o^*)

ホワイトニングがキッカケで、お口の大切さを知ってもらいたい。

ボーテの願いです。
ボーテの思いを届けるため、今日も研修に伺います!!

にほんブログ村 美容ブログ 審美・ホワイトニングへ