楽しみベイコート倶楽部(芦屋)

皆さまこんにちは、ボーテの辻です。

今回私はアチーブメントスタンダードコースのアシスタントを終えた後の7月27日から29日の三日間、同じ女性経営者の田原さん、梅澤さんと共に芦屋のベイコートに旅行に行ってきました。

芦屋ベイコート倶楽部はスパリゾートを謳っている水辺のそばにあるホテルで、外は優雅で見ているだけで落ち着いた時間が過ごせるような景色となっており建物内も上質で高級感の溢れる素敵な空間でした。

この旅行では日々の疲れを癒すことを最大の目的として、ホテルから一歩も出ず、各々自分のしたいことをしながら三人で語り合うのが目的です。

まず27日の夜はデパ地下で色々なものを買って、お部屋で食事。

その際今回旅行に参加してくださった山口銘菓、豆子郎の田原文栄さんが社長に就任なさったということで、梅澤さんと共にお祝いの記念楯をお送りし、すごく喜んでいただけました。

2日目はお風呂に入りスパを楽しみ、また語り合い美味しいご飯を堪能し途中で時間をとって仕事の編集をしたりと目的通り、個々が個々自立しているような旅です。

田原さんも梅澤さんも私にとって尊敬する経営者で、三人でいると本質的なアドバイスをくださったり、現状の不満ではなく未来をどうしていくかという話を語り合えるので私はとてもお二人に救われています。

こうして大人になって、自分が自分らしくあれるような方々と一緒に旅行に出かけることができるのは幸せなことだと改めて感じました。

この旅行を定期開催しよう、ということで三人でどう名付けるか考えた結果、今回のブログタイトルになっている『楽しみベイコート倶楽部』というネーミングに決まりました。

次回は2月に開催することに決め、今度はこの三人に加えてシニアプロスピーカーの原田康子さんも含めた四人で有馬のエクシブに行って色々語り合おうということに。

決めたら即行動ということで日にちも予約も早速取って、そこでまた実りのある語り合いができるように各々現場で結果を出し、仲間を大切にして頑張ろうと約束をしました。

仕事を毎日頑張る中のつかの間の休息に、自分が落ち着けるような素敵な空間で、有限である時間を好きなことに使い、自分も相手も心地いいと感じる素敵な方々と過ごす。

当たり前のことのようですが、社会に出て忙しい日々を過ごしているとそんな楽しみを思いつくことも日々に追われてなかなかできないかもしれません。

でもそんな中でも、自分が自分自身にご褒美を与える時間を作り頑張るための糧にしてこれからも努めていこうと今回の旅で心にゆとりを持つ大切さを実感しました。

ここまでお読みくださりありがとうございました。

辻 紗耶加